FC2ブログ
    2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

    スポンサーサイト

     【--//--】

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Category: スポンサー広告

    Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

    ワールドカップ本大会、組み合わせが決定。対戦相手のコロンビアのルイス・ムリエルとハメス・ロドリゲス、コートジボワールはラシナ・トラオレ、ギリシャはゲオルギオス・サマラスに注目したい。

     【08//2013】

    読む前にクリックのお手伝いをよろしくお願いします。
    人気アダルトBLOG



    こんにちは飛鳥です。

    今日はサッカーワールドカップについて書きたいと思います。

    飛鳥はサッカーがとても大好きです。

    よくいる代表戦だけ応援するタイプですけどね。

    でも、普段からJリーグの試合とかたまに見て、代表に選ばれそうな選手を勝手に予想したりして楽しんでいますよ。

    さて、ついにワールドカップの本大会の組み合わせが決定しましたね。

    日本はグループCでコロンビア、ギリシャ、コートジボワールと対戦します。

    飛鳥の予想は期待も込めての2位通過!

    そんな中各国の注目選手をまとめていきながらワールドカップの予習をしたいと思います。

    まずはFIFAランキング4位のコロンビアですが、飛鳥の注目選手は当然ファルカオです。

    なにせ、得点能力が半端ないです。



    ファルカオ(1:47のシュートは神業です)


    メッシやクリスティアーノ・ロナウドのような選手とはタイプが異なりますが、ウクライナのルイス・スアレスやポーランドのレバンドフスキーのような生粋の点取り屋みたいなタイプで、日本のディフェンダー人では押さえるのはちょっと難しいかと思います。

    正直コロンビアには3点ぐらいは入れられると思ってます。

    ファルカオだけではなく若手にも注目選手が2人います。エル・シャーラウィと共にセリエA年間最優秀若手選手賞を受賞したルイス・ムリエル。スピードあるドリブルは要注意。さらに、ウイングのハメス・ロドリゲスはクリスチャーノ・ロナウド2世といわれている選手です。まさしく天才といわれるタイプの選手ともに22歳ぐらいだったような気がします。


    ルイス・ムリエル


    ハメス・ロドリゲス

    こんな3選手がグイグイ攻めてきたら、あのセンターバックのメンバーのスピードじゃ追いつけないでしょ。
    って事で3点は覚悟しなきゃと思ってます。


    また、FIFAランキング17位のコートジボワールですが、あの、ドログバがいます。

    もう、日本人からは理解できない身体能力の選手ですがすでに35歳となり、体力的にも身体能力的にも以前よりは落ちた感じは否めません。ただ、もともとの身体能力が高いので要注意はかわりませんが、おさえるチャンスは十分にあると思います。

    ドログバ以外に怖い選手が一人います。FWのラシナ・トラオレです。約2メートルの身長から繰り出すヘディングはもちろんのことスピードと足技併せ持つ日本にとっては一番厄介な存在の選手です。
    ビックチームが目をつけていると言う情報もありますから、もしかしたら来年ワールドカップ後にビックチームに移籍なんて事があるかもしれません。
    スタメンがトラオレで後半途中からドログバなんて出てきたら、ドログバに立て続けに入れられそうな気もしますが・・・そこは何とかディフェンダーがんばって欲しいところです。


    ラシナ・トラオレ(注目は0:07からの突破。)

    ちなみにWトゥーレ(W浅野みたいに言ってみました)は当然注意人物なんで細かくは書きません。

    コートジボワールには
    2対1で日本の勝利といきたいと思います。

    そして、FIFAランキング12位のギリシャですが、前の2チームに比べるとフォワードは多少劣ります。

    しかし、中村俊輔が所属していたセルティックのゲオルギオス・サマラスも190センチ以上の身長からのヘディングでゴールを量産しています。コートジボワールのトラオレと同じく日本の苦手なタイプの選手ですね。


    ゲオルギオス・サマラス

    また、大ベテランのカラグニスも注意が必要です。日本の遠藤的な存在といったらいいのでしょうか、よくサッカーを知っている選手という印象があります。
    ちなみに、カラグニスがインテル在籍時の監督はザッケローニ監督でした。

    ギリシャも大スターがいるチームではありませんが、個人的にはいやなチームだなという感じがあります。

    ギリシャには
    1対0で日本としたいと思います。

    そして、日本ですが、注目選手は山口蛍。そう、先日スタメンとして急に出てきた選手です。

    飛鳥はアンダーのときから注目をしていた選手で、ボランチとしては非常に万能な選手だと思っています。
    チーム的に長谷部や遠藤が必要だとは思いますが、2人には無いディフェンスの危機察能力をもっており、競合と戦うには彼のようないい意味で邪魔くさい選手が必要だと思ってます。

    そしてもう一人は大迫勇也。あの有名な「大迫はんぱないって。」です。


    大迫はんぱないって

    本当に彼ははんぱないと思います。Jリーグの得点王争いでは5位のようですが、彼のようなフォワードが代表には必要ではないかなと思ってます。
    得点感覚、ゴールを射止める能力というんですかね、そうゆう選手って日本のフォワードは少ない気がするんですよね。
    ザックさん柿谷もいいですが、是非大迫勇也を使ってください。

    そんな感じで、ダラダラと書いてきましたが、皆で日本代表応援しましょう!

    「目指せワールドカップ優勝!」

    ※色々わからないことはネットで調べてみてね!

    Category: 飛鳥の独り言

    Tags : サッカー ワールドカップ 日本代表

    Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。